ピタでんの口コミ・評判は?気になるLooopでんきと比較してみました。

ピタでんは、基本料金のない電力会社で「使いたい放題」と「使った分だけ」の2つの料金プランがあり、

各家庭の電気使用量にあわせて、よりお得なプランを選ぶことができます。

今回は、ピタでんについてまとめています。切り替えを考えてる人や参考にしたい人に参考になればと思っています。

 

ピタでんきとは

ピタでんとは「株式会社F-Power」という会社が行っている家庭向け新電力供給事業です。

株式会社F-Powerは1997年5月2日に設立された株式会社ファーストエスコが会社分割し、

2009年4月に設立された電力供給事業会社です。

 

2011年4月から中部地域で電力の小売を開始して産業用の電力小売りに参入した会社ということになります。

いままでは産業向け電力供給を主に会社をしていましたが現在は家庭向け電力供給事業に力を入れだしました。

 

ピタでんでは天然ガスによる小規模火力発電所の電力を契約を結んで全量買い入れて電力を確保しています。

その他にも自らも発電所を有していて発電などの供給業務も行っています。

供給エリアは、沖縄および離島を除く全国です。

 

ピタでんの簡単な紹介

ピタでんは基本料金0円で従量料金単価が一定とシンプルな料金体系です。

 

ピタでんは料金プランが2種類あります。

使いたい放題」と「使った分だけ」です。

 

「使いたい放題」は毎月500kWhまで定額料金で利用できるプランです。

 

「使った分だけ」は基本料金が0円のプランとなってます。

 

電気を使った分だけ料金を支払えばよくシンプルで分かりやすい料金です。

 

違約金・解約金は 1年未満の解約で2,000円かかります。

 

ピタでんの料金プラン

ピタでんには、2つの料金プランがあります。

料金プラン

「ピタでん使いたい放題」毎月500kWhまでは定額料金で利用できるプランです。
「ピタでん使った分だけ」基本料金が0円のプランで従量料金が固定になっているプランです。

詳しく料金について紹介します。

「ピタでん使いたい放題」

ピタでん使いたい放題は毎月500kWhまでは定額料金で利用できるプランです。

主に4人以上の世帯で、毎月500kWh以上使っているご家庭におすすめのプランです。

電気使用料が多い家庭向けに、使いたい放題プランが用意されています。

 

提供エリア東京中部関西
基本料金
12,000円11,000円11,000円
従量料金¥27.00¥27.00¥23.00

「ピタでん使った分だけ」

ピタでん使った分だけは電気使用量に応じた料金を支払うプランです。

基本料金が0円のプランで従量料金が固定になっているので、利用量を気にせず電気を使うことができます。

電力をあまり使わない世帯や日中あまり家にいないなど、共働きや単身者におすすめしたい料金プランです。

 

提供エリア東京中部関西
基本料金
0円
従量料金¥25.25¥25.25¥21.20

ピタでんの供給エリア

供給エリアは、北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア
関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリアの沖縄を除く
全国です。

支払い方法

クレジットカード払いのみできます。

解約金・違約金がある

ピタでんの契約期間は1年間です。

期間中に解約した場合は違約金が2,000円かかります。

ピタでんの口コミ評判

その他の口コミは

「使った分だけ」に申し込みました。

昼間は仕事でいないので、電気は帰宅後の夜だけ。

ほとんど使っていない時間帯の分がもったいないよね…と、思っていた私のニーズにピッタリでした。

切り替えて、確実に電気代が下がりました。

当方、関西地域在住で初めての新電力切り替えですが、

何社かで試算してみた結果F-Powerぴたでん使っただけプランに切り替えました。
初めての切り替えなので切り替え作業が不安でしたが、非常にわかりやすく簡単に済みました。
解約違約金については、切り替え後1年後以降の解約は無料で切り替え後1年以内の解約は2000円と消費税との事。
1年以内に再度切り替えるつもりは無いので問題ありません。

2種類のプランがあるので自分に合った使い方で電気料金も安く利用しやすい口コミが多くありました。

その他にも60A以上・6kVA以上を対象とした高圧向けのプランがないなど多く電気を使う人には使いにくいみたいです

ピタでんとLooopでんきの比較

Looopでんきは、基本料金0円で地域による一律の固定料金というシンプルでわかりやすい料金体系を提供しています。

ピタでんも同じように料金体系で、さらに0.75円程度単価を安く提供しています。

提供エリアLooopでんきピタでん
東京電力26.4円25.71円
中部電力26.4円25.71円
関西電力22.4円21.59円

各地域の供給エリアを比較すると以前は地域によってはLooopでんきの方が安いエリアがありましたが

現在ではピタでんの方が全エリアで電気料金が安くなっています。

 

料金だけで考えた場合ピタでんが安いことがわかりますが電力会社の切り替えに抵抗がない人であれば

常に安くなるように切り替えることができるためLooopでんきの方は解約料0円なのでいつでも解約できます。

ピタでんとLooopでんきのそれぞれの特徴

Looopでんきピタでん
  • 選択できるプランは3種類
  • 太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギーを採用しています
  • いつでも解約できます
  • 解約料0円
  • 基本料金0円
  • 固定料金制
  • アプリで使用量や料金が見れる
  • 選択できるプランは2種類
  • 火力発電所の電力を採用しています
  • 基本料金0円
  • 従量料金が安い
  • 固定料金制
  • アプリで使用量や料金が見れる
  • 解約違約金あり(2000円+消費税)
  • 6kVA(60A)以上の料金プランはない。つまり契約できない。

ピタでんのまとめ

現在のところ「ピタでん」では基本料金0円プランで安い電気料金プランを提供しているので

安い電気に切り替えたいという方にはおすすめします。

 

ピタでんは1年未満の内に切り替えすると2,000円(税抜)の解約違約金がかかるので

引っ越しが多い人などや電力会社を切り替えが多い人にはおすすめはできません。

 

おすすめできるポイント
  • 2つの料金プラン(使いたい放題・使った分だけ)があり、自分に合ったプランを選ぶことができる
  • 基本料金0円
  • 従量料金が安い
ピタでんのメリット&注目の理由
ピタでんのメリット&注目の理由
  • とにかく安い!各電力エリアでまぎれもなく最安値水準!
  • 2種類の料金メニューはどちらもシンプルな料金設定
  • 定額プランは燃調費・再エネ賦課金込みでお得!
  • 沖縄・離島以外なら全国どこからでも申し込み利用OK!
  • 申し込みに手数料は一切不要!WEBから10分以内で簡単スピーディー

 

ピタでんの申し込みはWEB上から誰でも気軽にできます。

あまり電気に詳しくないから不安という方や、電力会社の切り替えは初めてという方でもピタでんのWEBサイト上で分かりやすく案内されているので問題なく切り替え可能です。

手続きに特別な工事などもなく、普段と変わらない生活のままで電気代が安くなるので、後で請求書をみると思わずニンマリしてしまいますよ。

電気代はなんだかんだと毎年上がり続けていますし、10月には消費税の増税も控えています。
少しでも早く切り替えを済ませて上手に節約しましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

こちらの記事もどうぞ
おすすめの記事