家庭用蓄電池のメリット・デメリットを調べてみました。

蓄電池とは

蓄電池(二次電池)とは、一回限りではなく充電を行うことにより電気を蓄えて電池として使用できる様になり、必要なときに必要な分だけ使うことができ繰り返し使用することが出来る電池化学電池)のことである。今回は、蓄電池が普及していく理由や注意したいこと、蓄電池の種類についてまとめました。

かつては産業用として使用されることがほとんどだった蓄電池ですが最近では住宅用として普及し始めています。

蓄電池のメリット・デメリット

メリット

太陽光発電でつくり出した電気は太陽が出ている昼間に発電して夜間は電気をつくり出せないので使うことはできません。しかし、蓄電池と組み合わせれば昼間に発電して蓄えておいた電気を夜間にも使うことができます。そのため、節電効果に繋がります。

また、停電時の電源として使用できることで災害によって電力会社からの給電がストップしてしまった時など、蓄電池が稼働できる状態であれば、蓄えた電気を使用することができます。

デメリット

蓄電池を使用するにあたって充放電回数があり、蓄電容量が徐々に減っていくのでいずれは交換が必要になります。

蓄電池の導入によるコストは、蓄電池の仕様によっても異なりますが、どうしても高くなってしまします。また、太陽光発電と一緒に利用するとメリット面も増えますが、さらにコストが増えることになります。

メリットデメリット
  • 太陽光発電での電気を貯められる
  • 太陽光発電や深夜電力で貯めた電気を使うので節電効果に繋がります。
  • 災害や停電などの非常時でも使える。
  • 使える量が決まっているためその都度容量を確認する必要があります
  • 充放電回数に寿命があり、交換が必要となります。
  • 初期費用が高い。

蓄電池の種類

ニッケル水素電池

正極活物質にオキシ水酸化ニッケル、負極活物質に水素吸蔵合金を用いている蓄電池です。
使用できる気温の範囲も広く、ハイブリッド自動車などから使用する場面が広がりました。

リチウムイオン電池

正極活物質にリチウム含有金属酸化物、負極活物質には炭素材料、そして、電解液として有機電解液を用いています。
ニカド、ニッケル水素のデメリットだった「メモリー効果」などがなく、さらに小型で軽く、高い電圧を供給できるよになり、今最も主力ともいえる蓄電池システムです。

NAS 電池

正極活物質に硫黄、負極活物質にナトリウム、電解質にはβ‐アルミナを用いている大規模電力貯蔵システムです。
世界で唯一日本ガイシ株式会社だけが開発製造した蓄電池として知られています。紹介した蓄電池システムの中で最も大きくメガワット級の電力を貯蔵できるシステムで、長期間の安定した電力供給が可能です。

燃料電池

燃料電池は、環境に対して影響のない水素と酸素を利用している発電システムとして注目されています。
水の電気分解を利用して発電する仕組み、排熱を利用することで既存の発電システムとはくらべものにならない電力を生み出すことができます。

家庭用蓄電池のメーカー

パナソニック

パナソニックは、リチウムイオン電池の世界シェアNO.1です

蓄電池市場においても知名度があり、太陽光発電と蓄電池の「創蓄連携システム」が有名です。

「創畜連携システム」はパナソニックは太陽光発電メーカーである強みを生かして蓄電システムとの連携を推奨し、さらにパナソニック製のエネファームを連携することでさらに経済的で、節電効果を生み出すことができます。

商品ラインアップが豊富で、停電時により多くの機器により長い時間電気を供給したい方向け製品は、スリムで小型なのに大容量、高出力で低価格となっています。スペース確保が難しいご家庭向けに壁掛けタイプもあります。

京セラ

太陽光発電システムメーカーでもある京セラの蓄電池なら効率の良い創蓄の連携システムを導入することができます。

京セラは、蓄電容量が大きいのが特長で、長時間様々な電化製品を使うことができます。

サポートも充実していて、大容量タイプの蓄電池本体には最大15年の長期保証が付帯されているので安心して使用することができます。

オムロン

太陽光発電システムの命でもあるパワーコンディショナは高性能で、様々なメーカーに提供するぐらい有名なメーカーです。

また、電池工業会規格に準拠し熱安定性や保存特性に優れたリチウムイオンを採用することによって、10年以上の長期使用が可能です。

シャープ

太陽光はシャープと言うぐらい住宅用太陽光発電のシェアは高く、蓄電池システムやエコキュートなどに定評があります。

またシャープは、12000回の充放電を繰り返しても70%の容量を維持できる超寿命設計で蓄電池も、太陽光発電と連携しても便利に使え、使用状況等が一目でわかる「電力見える化システム」との連携で、いつ充電容量がなくなるかわからない不安を解消してくれます。

まとめ

今後家庭用蓄電器を利用する人は使用目的に合う製品を選ぶことが大切です。普段の電気料金を節約する、災害や停電時の非常用、太陽光発電と併用するなら売電収入増などのこと考えていく必要があります。

また、メーカーごとのに種類や特徴が違く、蓄電池のスペックなどを総合的に判断し、目的に合ったものを見極めて選ぶことをおすすめします。本体価格と設置費用は販売会社により差がでることがあるので、必ず複数業者の見積もりを出してもらい比較して見極めるほうがいいと思います。


おすすめの記事