ポータブル電源は日本製か海外製どっちがいいの?【国別人気おすすめ】

日本製ポータブル電源と海外製のおすすめ製品

国別の人気おすすめポータブル電源を紹介していこうと思います。

はじめに、日本製と海外製についての特徴を紹介してます。

ポータブル電源を探す際にどのメーカーを選んだほうがいいかなどを参考にしてみてください。

日本製品の特徴

日本製品は海外製品に比べ安全性が高いのが特徴です。

最近の海外ではスマホやモバイルバッテリー、電気自動車が多く利用され、発火や爆発などの事故が多くなっています。

事故の多くの製品は海外製品の物が多く使われていたからです。

日本製品の場合安全性が高いのでの心配する必要はありません。

安いからと言って安い海外製の物は極力避けることをおすすめします。

 

また、メーカー保証やアフターサービスが充実しているのも特徴です。

海外製品と比べると保証期間が長く、バッテリーの交換や修理サポートなどのアフターケアもしっかりと充実しています。

故障などが起きたときの問い合わせなども海外製だと時間がかかったりそもそも日本語対応していないことが多く時間がかかります。

日本製品だとすぐに対応してくれます。

海外製品の特徴

海外製品は日本製品と比べ価格が安いのが特徴です。

海外では大量生産に物を作るので1つあたりの価格を安く抑えることができます。

ポータブル電源を複数利用した方にとっては導入しやすくなっています。

 

上記で日本製品の方が安全性が高いと言いましたが、海外製のすべてが悪いわけではなく日本の安全基準をもとに製造している物もあります。

海外製を選ぶ際は安さだけにこだわらず安全基準が高いものをおすすめします。

日本社製おすすめポータブル電源

JVCケンウッド

JVCケンウッドは、主に映像機器や音響機器を取り扱っている企業です。

株式会社ケンウッドと日本ビクター株式会社が経営統合した会社でもあります。

JVCケンウッドのポータブル電源は複数の専門機関による安全性試験や独自の安全基準による検証をクリアした安全設計が特徴です。

また、サポート体制がしっかりしています。

保証期間が24ヶ月あり、サポート期間の期限はありません。

 

別売りのソーラーパネルと一緒に利用することもできます。

ソーラーパネルは軽量でコンパクトで電気がない屋外でも安心して電力を貯めることができます。

大容量タイプ JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB10-C

引用「Amazon.co.jp

「JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB10-C」は、サイズは33.3×24.×23.4cmで重量が10.9kgです。

容量は1,002Wh / 278,400mAhで出力はAC×3・USB-A×2・USB-C×2・DC・シガーソケットです。

アウトドアだけではなく災害時に備えて置けるポータブル電源です。

容量が1000Wh以上あるので停電が起きた場合でも約3~4日の期間に耐えることができる容量となっています。

リーズナブルタイプ JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB3-C

引用「Amazon.co.jp

「JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB3-C」は、サイズは13.4 x 23.1 x 16.8cmで重量が3.6kgです。

容量は86,400mAh/311Whで出力はAC・USB-A×2・DC・シガーソケットです。

アウトドアだけではなく災害時に備えて置けるポータブル電源です。

日帰りなどのちょっとした電力を必要とする場面であれば十分足りる容量となっています。

リーズナブルタイプ JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB5-C

引用「Amazon.co.jp

「JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB5-C」は、サイズは30 x 19.2 x 19.3cmで重量が6.4kgです。

容量は144,000mAh/518Whで出力はAC×2・USB-A×3・USB-C×2・DC×2・シガーソケットです。

アウトドアだけではなく災害時に備えて置けるポータブル電源です。

JVCケンウッド ジェーブイシーケンウッドポータブル電源 スタンダードモデルタイプ 容量518Wh アウトドア キャンプ 防災 BN-RB5-C(2503462)送料無料

中国社製おすすめポータブル電源

EcoFlow(エコフロー)

EcoFlowは、蓄電池の開発、販売を行っている企業メーカーです。

全世界の60カ国以上の国に展開しています。

過去5年間で最先端の研究開発と広範な流通および販売ネットワークを構築しています。

主にポータブル電源に力を入れていて業界最速の1時間以内に80%の充電でき充電スピードに強みがあるのが特徴です。

また、安全基準も高く開発されています。

他にもソーラーパネルの販売も行っています。

大容量タイプ EcoFlow ポータブル電源 DELTA MAX 1612Wh

引用「Amazon.co.jp

「EcoFlow ポータブル電源 DELTA MAX 1612Wh」は、サイズは49.7 x 24.2 x 30.5cmで重量が22kgです。

容量は1612Whで出力はAC×6・USB-A×4・USB-C×2・DC×2・シガーソケットです。

宇宙開発分野でも使われている耐久性・放熱性の高い素材を使用しています。

また、他社の同じ容量のバッテリーに比べて軽くなっています。

1時間以内に80%の充電でき充電スピードに強みがあるのが特徴です。

大容量 ポータブルバッテリー AC出力(2000W瞬間最大4200W) X-Boost機能付き 1.7時間フル充電 四つの充電方法家庭用 アウトドア用 純正弦波 専用アプリで遠隔操作可能 液晶大画面表示 車中泊 キャンプ 防災 50Hz/60Hz切り替え可 環境にやさしい 非常用電源

リーズナブルタイプ EcoFlow ポータブル電源 RIVER ポータブルバッテリー 288Wh

引用「Amazon.co.jp

「EcoFlow ポータブル電源 RIVER ポータブルバッテリー」は、サイズは28.9×18.5×19.4cmで重量が5kgです。

容量は288Wh出力はAC×3・USB-A×3・Type-C・シガーソケットです。

日帰りなどのちょっとした電力を必要とする場面であれば十分足りる容量となっています。

1時間以内に80%の充電でき充電スピードに強みがあるのが特徴です。

リーズナブルタイプ EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro ポータブルバッテリー 720Wh

引用「Amazon.co.jp

「EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro」は、サイズは28.9×18×23.5cmで重量が7.2kgです。

容量は720Wh出力はAC×3・USB-A×3・Type-C・シガーソケットです。

1泊のキャンプや車中泊などで冷蔵庫や扇風機などのを十分に動かすことができる容量となっています。

1時間以内に80%の充電でき充電スピードに強みがあるのが特徴です。

アメリカ社製おすすめポータブル電源

Jackery(ジャクリ)

Jackeryは、Jackery Incという企業メーカーです。

Jackeryは世界初のリチウムポータブル電源を開発しています。

また、販売台数が100万台以上も販売されていて実績のある企業です。

2016年には世界的権威のあるプロダクトデザイン賞「Red Dot Award 2016 winner」に入選しています。

PSE認証済みで高い安全性を保証されています。

耐久性の高いバッテリーを使用し、繰り返し500回以上使用でき誤操作やショートした場合でも過負荷などを検知によって充電停止や放電停止する安全機能があります。

他にもソーラーパネルとのセット販売も行っています。

大容量タイプ Jackery ポータブル電源 2000 Pro

引用「Amazon.co.jp

「Jackery ポータブル電源 2000 Pro」は、サイズは33×13.3×16.7cmで重量が3.08kgです。

容量は2160Whで出力はAC×3・USB-A×2・USB-C×2・シガーソケットです。

1泊のキャンプや車中泊などで冷蔵庫や扇風機などのを十分に動かすことができる容量となっています。

リーズナブルタイプ Jackery ポータブル電源 240

引用「Amazon.co.jp

「Jackery ポータブル電源 240」は、サイズは28.9×18×23.5cmで重量が3.1kgです。

容量は67200mAh/240Whで出力はAC・USB-A×2・シガーソケットです。

1泊のキャンプや車中泊などで冷蔵庫や扇風機などのを十分に動かすことができる容量となっています。

リーズナブルタイプ Jackery ポータブル電源 400

引用「Amazon.co.jp

「Jackery ポータブル電源 400」は、サイズ23 x 13.5 x 16はcmで重量が4.1kgです。

容量は112200mAh/400Wh出力はAC・USB-A×2・シガーソケットです。

日帰りなどのちょっとした電力を必要とする場面であれば十分足りる容量となっています。

最後に

今回は、国別のおすすめポータブル電源メーカーを紹介しました。

ポータブル電源は、キャンプなどのアウトドアだけではなく災害時に1台あると必ず役立ちます。

日本製や海外製にそれぞれ特徴があります。

自分の使い方にあったポータブル電源を選んでみてください。

万が一の備えとしてポータブル電源を検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの記事