【2019年新型】新iPad miniが3年半ぶり新モデルを発売決定!詳細スペック紹介します。

 

3月18日にプレスリリースで新iPad miniの発売の発表がありました。

詳細スペックの気になるポイントをまとめてみました。

新iPad miniの発売日

注文開始日 2019年3月18日
発売 2019年3月18日
出荷 2019年3月30日

 

新型iPad miniのスペック

主なスペック

  • 外観は以前のiPad mini 4とほぼ同じで色はゴールド、シルバー、スペースグレイの3色です。
  • ディスプレイは7.9インチ Retina〈2,048 x 1,536px, 326ppi〉です。
  • True Toneディスプレイ。
  • 性能は「A12 Bionic」搭載されています。
  • ストレージ容量は64GBと256GBの2種類です。
  • RAMは3GBとなっています。
  • Apple Pencil 第1世代が対応可能になりました。
  • フロントカメラは700万画素、リアカメラは800万画素です。
  • Bluetooth 5.0テクノロジー
  • 最大10時間使えるバッテリーを搭載してます。
  • 価格はWi-Fiモデルで64GBが4万5800円、256GBが6万2800円です。
  • セルラーモデルが64GBが6万2800円、256GBが7万7800円です。

 

新型iPad miniのデザイン・機能

iPad mini 5はより薄くて軽く、300.5グラムの軽さに6.1ミリの薄さだから、 片手で持ち歩くことでき、持ち出す時には便利です。色はゴールド、シルバー、スペースグレイの3色です。

 

機能面では、最大10時間使えるバッテリーを搭載していて1日中使うことが出来ます。紋認証システムのTouch IDで、コネクタは Lightning(ライトニング)、でイヤホンも3.5mmイヤホンジャックが引き続き搭載されることになります。

 

ディスプレイは、True Toneディスプレイで機能が新採用となっています。サイズは、7.9インチとなっています。True Toneディスプレイとは、6チャンネルのフルスペクトルセンサーにより光を感知、分析して、周囲の光の色温度に合わせ、画面上のホワイトバランスを微調整します。これにより、ディスプレイ上の画像は反射がなく自然に人間が感じる色へ近づけます。

 

ストレージ容量は64GBと256GBの2種類で、価格はWiFiモデルが4万5800円から、WiFi+Cellularモデルが6万800円からとなっています。また、Apple Pencil 第1世代が対応可能になりました。

 

新型iPad mini 5とiPad mini 4の比較

新型iPad mini 5とiPad mini 4のデザイン・外観の違い

新型iPad mini 5 iPad mini 4
ディスプレイサイズ 7.9インチ 7.9インチ
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
高さ 203.2mm 203.2mm
134.8mm 134.8mm
厚さ 6.1mm 6.1mm
重量(Wi-Fiモデル) 300.5グラム 298.8グラム
重量(セルラーモデル) 308.2グラム 304グラム
イヤホンジャック 搭載 搭載
認証方法 Touch ID認証 Touch ID認証

 

新型iPad mini 5とiPad mini 4のスペックの違い

新型iPad mini 5 iPad mini 4
チップセット A12 Bionic A8
Apple Pencil 第1世代 対応 非対応
バッテリー 最大10時間 最大10時間
フロントカメラ/バックカメラ 700万画素 /800万画素 120万画素 /800万画素
Bluetoothキーボード 5.0対応 4.2対応
RAM 3GB
2GB
SIMカード nanoSIM、eSIM nanoSIM
容量 64GB / 256GB 16GB / 32GB / 64GB / 128GB

デザイン面では、カラーやサイズはわからず重量が少し変わり気にする程度ではありません。

スペックは、チップセットはA12 Bionicに変わり性能は3倍に上がりました。Apple Pencilは対応可能になり機能面が増えました。

 

おすすめの記事