下町でんきの電気料金は安いの?料金プランやキャンペーン情報などを徹底解説!

下町でんきとは?

下町でんきは、プロパンガスの供給やリフォーム・リノベーション事業などを

行う株式会社トーセキが販売する電力会社です。

トーセキは、東京足立区にありガスの供給を50年以上行っている老舗のプロパンガス会社です。

 

下町でんきならではの特徴としては、東京下町の活性化を目的として、

さまざまな商店街やお祭りなどの催し物に対して、

売上の一部を寄付するなどの活動を行っています。

 

地域にある電力会社を利用することで、今までと同じ品質の電気が利用でき、

料金もお得に地域貢献ができます。

下町でんきの料金プラン

下町でんきでは、東京電力の従量電灯Bに相当する「下町電灯B」と

従量電灯Cに相当する「下町電灯C」と

低圧電力に相当する「下町動力」の3プランがあります。

下町電灯B

東電差は赤で表示しています。

一般家庭向けで30A以上から利用可能です。

 

種別・区分 下町でんき料金 東京電力料金
30A 815.1 858円
基本料金(1契約につき) 40A 1,086.8 1144円
50A 1,358.5 1430
60A 1,630.2 1716円
最初の120kWhまで

(第1段階料金)

18.88 19.88
電力量料金(1kWhにつき) 120kWhをこえ300kWhまで

(第2段階料金)

25.16 26.46
上記超過

(第3段階料金)

29.05 30.57

下町電灯C

店舗や事務所などの事業者向けで、6kVA以上から利用可能です。

 

種別・区分 下町でんき料金 東京電力料金
基本料金(1契約につき) 1kVA(単位) 271.70円 286
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで

(第1段階料金)

18.88 19.88円
120kWhをこえ300kWhまで

(第2段階料金)

25.16 26.46円
上記超過

(第3段階料金)

29.05 30.57円

下町動力

種別・区分 料金
基本料金 1kW(単位) 1,065.9円
電力量料金(1kWhにつき) 夏季 16.51円
その他季 15

 

一般家庭向けは従量電灯Bになります。

 

基本料金・電力量料金のすべてにおいて東京電力の従量電灯Bより安く設定されています。

そのため、基本的には切り替えによって電気代が安くなります。

 

下町電灯Cは店舗や事務所などの事業者向けに東京電力の従量電灯C相当で、6kVA(60A)以上から利用可能です。

下町でんきの提供エリア

現在契約可能エリアは東京電力エリアで
千葉県、 埼玉県、 山梨県、 東京都、
栃木県、 神奈川県、 群馬県、 茨城県、 静岡県の契約ができます。

下町でんきの口コミ

現在2020年9月25日時点ではネットやツイッターなどで下町でんきの口コミ評判は見つかりませんでした。

 

まだまだ利用者が少ないのかもしれません。

また改めて口コミ評判が見つかりしだい紹介していこうと思います。

知っておきたい新電力情報
「Looopでんき」

Looopでんきは株式会社Looopの電力サービスです。

特徴は基本料金が0円で業界でも電気代が安くなります。

料金プランは一般家庭向けの「おうちプラン」と

商店や事務所向けの「ビジネスプラン」の2種類から選べるようになっています。

 

「おうちプラン」は基本料金無料で電力量の従量単価は一律26.4円といったシンプルな料金設定になっています。

それに加えてガスとのセット割を使うとさらに電気代を節約することができます。

従量単価は一律価格のシンプルな料金体系となっていてわかりやすいです。

おすすめポイント
  • 基本料金0円
  • ガスとのセット割がある
  • 最大8,020円分のQUOカードPayがもらえる

気になる下町でんきのメリット・デメリット

下町でんきのメリット

地域貢献ができます

東京下町の活性化を目指して、

さまざまな商店街やお祭りなどに対して、

売上の一部を寄付するなどの活動を行っています。

 

地域にある電力会社を利用することで、今までと同じ品質の電気が利用でき、

料金もお得に地域貢献ができます。

お得なキャンペーンがある

電気料金1ヶ月分無料or基本料金6ヶ月無料のキャンペーンがあります。

詳しいキャンペーン情報は下記あります👇

下町でんきのキャンペーン情報

解約時に違約金がかからない

電力会社の中には契約年数による縛りや解約時に違約金がかかる場合があります。

下町でんきでは解約金がありません。

下町でんきのデメリット

評判・口コミがほとんどない

評判・口コミがほとんどないので実際の利用者が

満足に利用しているのかわかりません。

利用者の評判が分かってから契約したい人には向きません。

セット割やポイントサービス特典などのがない

下町でんきは、お得になるようなセット割がありません。

電気代で貰えるようなポイント還元もありません。

セット割で電気とガスの料金をまとめたい人には向きません。

提供エリアが狭い

現在の契約エリアでは東京電力エリアの

千葉県、 埼玉県、 山梨県、 東京都、

栃木県、 神奈川県、 群馬県、 茨城県、 静岡県の

9県でしか契約できません。

下町でんきのキャンペーン情報

 

下町でんきに申し込みで電気料金1ヶ月分無料or基本料金6ヶ月無料!

2020年9月30日まで、下町でんきへの申し込みで

料金1ヶ月分無料」または「基本料金6ヶ月間無料」の

いずれかの特典が選べるキャンペーンを実施しています。

親戚や友人の紹介で5,000円分のクオカードプレゼントキャンペーンがあります

新規に紹介すると紹介した方、された方に5,000円分のクオカードをプレゼントされるというキャンペーンを実施しています。

 

また、キャンペーンの詳細は詳しくは書かれていませんが重要事項説明書のページに

解約手数料

原則として解約手数料はございません。

但し、キャンペーン適用時の1年未満の解約に関しは5,000円(税別)が発生いたします。

引用:重要事項説明書

上記のように書かれていてどこの会社も一緒ですがキャンペーンだけ利用して

すぐに解約はできないようになっています。

キャンペーンを利用して解約するときは利用期間に気を付けて注意することをおすすめします。

下町でんきのまとめ

下町でんきのポイントまとめ
  • 提供エリアは東京電力エリアのみ契約できます。
  • お得なキャンペーン!
  • 契約期間は1年で解約金無料です、ただしキャンペーンを利用していると1年以内の解約で5,000円の違約金が発生します。

 

下町でんきは東京電力よりは電気料金が安くはなりますが他の新電力よりは高いです。

そのため、これと言っておすすめする電力会社ではありません。

強いて言えば紹介で5,000円分のクオカードプレゼントキャンペーンや

電気料金1ヶ月分無料or基本料金6ヶ月無料などは他社キャンペーンの中でもいい方だと思います。

 

他には東京下町の活性化を目的として、さまざまな商店街・お祭りなどの催し物に対して、

売上の一部を寄付するなどの活動を行っていて地域にある電力会社を利用することで、地域経済への貢献ができます。

 

 

 

知っておきたい新電力情報
「Looopでんき」

Looopでんきは株式会社Looopの電力サービスです。

特徴は基本料金が0円で業界でも電気代が安くなります。

料金プランは一般家庭向けの「おうちプラン」と

商店や事務所向けの「ビジネスプラン」の2種類から選べるようになっています。

「おうちプラン」は基本料金無料で電力量の従量単価は一律26.4円といったシンプルな料金設定になっています。

それに加えてガスとのセット割を使うとさらに電気代を節約することができます。

従量単価は一律価格のシンプルな料金体系となっていてわかりやすいです。

おすすめポイント
  • 基本料金0円
  • ガスとのセット割がある
  • 最大8,020円分のQUOカードPayがもらえる

 

おすすめの記事