光回線選ぶなら!auひかりの特徴や料金、キャシュバック情報をまとめてみました。

目次

1. auひかりとは

2. auひかりの月額料金はいくらかかる?

3. auひかりの回線速度の評判はどうなの?

4. auひかりホームプランは3種類!

5. auひかりは現在10Gbsや5Gbsの高速プランがある!

6. auひかりマンションプランは7種類!

7. auひかり対応エリアの確認方法は?

8. auひかりの速度制限について

9. auスマートバリューでスマホとセットでお得に

10. auひかりのお得なキャシュバック

11. auひかりのプロバイダーについて

12. auひかりの解約条件や解約違約金について

 

他社回線から乗り換えで最大110,000円キャッシュバック

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

auひかりとは

 

auひかり(エーユーひかり)とはKDDIによる光ファイバー(FTTH)網を用いたサービスを提供するブランドである。

KDDIの「光プラス」と東京電力の光ファイバー事業TEPCOひかりが統合し、「ひかりone」の名称でサービスが開始されました。今は名前が変わって「auひかり」となりました。

auひかりの特徴

高速・大容量下り最大100Mbpsまたは1Gbpsのインターネット接続サービスのほか、加入電話相当の品質・信頼性・機能を備えたIP電話サービス、多チャンネルテレビ放送、約7000本からなるビデオ・オン・デマンド(VOD)を一本の光ファイバーで提供しています。

 

高速光アクセスネットワークを複数に分岐するGE-PONを用い光ファイバーを直接宅内に引き込むホームタイプと、VDSL、構内LAN等で提供するマンションタイプ、小規模住宅向けのマンションミニタイプがある。ホームタイプは2011年6月現在、関東圏、北海道、九州、四国地方を主として24都道県で提供されています。「マンションミニ」は4都県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)、「マンション」については各都道府県の主要都市で提供されている。

 

なおKDDIがPNJグループ(電力系通信事業者)の幹事会社ということもあり、三大都市圏で電力会社の100%子会社である中部テレコミュニケーションのコミュファが存在する東海4県と、ケイ・オプティコムのeo光が存在する近畿2府4県は「ホーム」の提供圏外である。その替わりにエリア内のauショップの店舗は、コミュファやeo光のホームプランのみではあるが、申し込み窓口の一部となっている。「マンション」については東海・近畿とも提供している。

 

NTTの加入者回線を利用している人は多いかと思います。 auひかりに乗り換えた際、NTTの電話番号はそのまま移行が可能です。また、NTTの回線は休止扱いとなりますが、再度NTT回線を利用したい場合、 電話番号を元のNTTへ戻すこともできます。

auひかりの様々なサービス

auひかりでは光回線の他にも様々なサービスを行っています。

電話サービスでは2003年8月、他社に先行して当時の光プラスマンションタイプでサービス開始しました。0AB〜J番号のIP電話サービスです。施設設置負担金(いわゆる電話加入権)が不要で、基本使用料も525円と、NTT東日本・西日本の加入電話と比べる通話料も断然おトクです。国内の一般加入電話にかける場合、県内・県外どこにかけても一律8円/3分で通話できるので、最大90%も通話料がおトクになります。

なお、マンションタイプの場合は、NTTのフレッツと異なり、電話サービスのみの申し込みが出来る。

 

auひかりTVでは約10000本(NHKオンデマンドを含む)のビデオサービスと全45チャンネルの多チャンネルTVサービスが利用できます。STBレンタルのみで利用可能です。チャンネルサービスは「プラチナセレクトパック」(2015年8月現在[以下同]39チャンネル)、「ミュージックセレクトパック」(4チャンネル)、「えらべるチャンネル」(6チャンネル)がある。「ミュージックセレクトパック」にあるチャンネルは「プラチナセレクトパック」に含まれています。

ビデオサービスはビデオ・オン・デマンド方式による提供で1本ずつ料金を支払って借ります。NHKオンデマンドでは1本ずつ見るほかにも見逃し見放題パックや特選見放題パックもあります。

auひかりの月額料金はいくらかかる?

auひかりホームauひかりマンション

通常ネット料金5,100円が

工事費を一括払いにすると月額4,975円

通常ネット料金3,800円が

工事費を一括払いにすると月額2,550円

 

auひかりホームの場合4,975円で利用できます。

プロバイダ料・機器レンタル料込みでさらに 月額料金開通月無料になっています。

登録料は3,000円で初期費用(工事費含む)37,500円(625円×60ヶ月)となっています。

割引を対象とするのはau one netで口座振替・クレジットカード割引(100円/月割引)で適用時のずっとギガ得プランを利用する人に限ります。

また、窓口でお支払いの場合、別途400円/月がかかり注意が必要です。

 

auひかりマンションの場合2,550円で利用できます。

こちらもプロバイダ料・機器レンタル料込みでさらに 月額料金開通月無料になっています。

登録料は3,000円で初期費用(工事費含む)30,000円(1250円×24ヶ月)となっています。

割引を対象とするのはau one netで口座振替・クレジットカード割引(100円/月割引)で適用時のタイプVを利用する人に限ります。

また、窓口でお支払いの場合、別途250円/月がかかり注意が必要です。

 

ホームタイプとマンションタイプとも工事費を一括払いにするとお得に利用することが出来ます。

 

月額料金は比較的に安くてネットなどでも評価が高くなっています。

twitterではこんな評判がありました。

auひかりの回線速度の評判はどうなの?

提供されているエリアによって他者の回線が速かったりする場合がありますが比較的に通信速度に差はほとんどないと言えます。

満足して安定した回線だと言う評価多いと感じました。

twitterでの評価は

auひかりホームプランは3種類!

auひかりホーム1ギガずっとギガ得プランギガ得プラン標準プラン
月額料金月額5,100月額5,200円月額6,300円
速度1Gbps1Gbps1Gbps

 

「auひかりホーム1ギガ ずっとギガ得プラン」とは?

3年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスを利用期間に応じて割引くお得な料金プランです。変更の手続きがない限り、本プラン加入月から3年単位で自動更新されます。

 

月額料金はネットのみの場合初年度は 5,100円からスタートして2年目で5,000円と安くなり3年以降は4,900円に3年連続で100円ずつ安くなっていきます。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり上記のように料金が安くなっていきます。

 

また、解約・プラン変更された場合、契約解除料15,000円がかかるため注意が必要です。ただし、引っ越しにより本プランが途中解約となる場合は、auひかりを継続してご利用いただける場合に限り、契約解除料はかかりません。

「auひかりホーム1ギガ ギガ得プラン」とは?

2年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスを利用期間に応じて割引くお得な料金プランです。変更の手続きがない限り、本プラン加入月から2年単位で自動更新されます。

 

月額料金はネットのみの場合初年度以降ずっと5,200の一定の料金で利用できます。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり上記のように一定の料金で安くなっています。

 

また、解約・プラン変更された場合、契約解除料15,000円がかかるため注意が必要です。ただし、引っ越しにより本プランが途中解約となる場合は、auひかりを継続してご利用いただける場合に限り、契約解除料はかかりません。

「auひかりホーム1ギガ 標準プラン」とは?

契約期間の発生しない料金プランです。

月額料金はネットのみの場合初年度以降ずっと6,300の一定の料金で利用できます。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり料金が安くなっていくプランではありません。

 

ただし、料金が高め代わりに解約・プラン変更された場合でも、契約解除料はかかりません。

 

そしてさらにお得になる情報をお教えします。

 

上記の方でも書いたauひかりの月額料金はいくらかかる?の記事にの通りずっとギガ得プラン料金割引などに加え工事費を一括払いにすると通常ネット料金5,100円のところさらに安くなって月額4,975円利用できます。

さらに開通月の利用料金が無料になります。

 

auひかりは現在10Gbsや5Gbsの高速プランがある!

さらに高速光回線でゲームや動画などを多く利用している人にはおすすめです。

auひかりホーム10ギガや5ギガのプランも3種類あります!

auひかりホームタイプ5ギガずっとギガ得プランギガ得プラン標準プラン
月額料金月額5,100月額5,700円月額6,300円
速度5Gbps5Gbps5Gbps

 

「auひかりホーム5ギガ ずっとギガ得プラン」とは?

3年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスを利用期間に応じて割引くお得な料金プランです。変更の手続きがない限り、本プラン加入月から3年単位で自動更新されます。

ずっとギガ得プランは超高速スタートプログラムがあり3年間(36ヵ月)500円/月割引になります。

お申し込み可能エリアは「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の一部エリアにしか限られています。まだ、利用が出来ない人でも今後は徐々にエリアが拡大していくと思われます。

 

月額料金はネットのみの場合初年度は5,100円からスタートして2年目で5,000円と安くなり3年以降は4,900円に3年連続で100円ずつ安くなっていきます。そして、1ギガプランとは違い4年目以降は5,400円と超高速スタートプログラムの3年間の割引が終了するため料金が元に戻ります。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり上記のように料金が安くなっていきます。

 

また、解約・プラン変更された場合、契約解除料15,000円がかかるため注意が必要です。ただし、引っ越しにより本プランが途中解約となる場合は、auひかりを継続してご利用いただける場合に限り、契約解除料はかかりません。

「auひかりホーム5ギガ  ギガ得プラン」とは?

2年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスを利用期間に応じて割引くお得な料金プランです。変更の手続きがない限り、本プラン加入月から2年単位で自動更新されます。

お申し込み可能エリアは「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の一部エリアにしか限られています。まだ、利用が出来ない人でも今後は徐々にエリアが拡大していくと思われます。

 

月額料金はネットのみの場合初年度以降ずっと5,700の一定の料金で利用できます。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり上記のように一定の料金で安くなっています。

 

また、解約・プラン変更された場合、契約解除料15,000円がかかるため注意が必要です。ただし、引っ越しにより本プランが途中解約となる場合は、auひかりを継続してご利用いただける場合に限り、契約解除料はかかりません。

「auひかりホーム5ギガ  標準プラン」とは?

契約期間の発生しない料金プランです。

月額料金はネットのみの場合初年度以降ずっと6,800で利用できます。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり料金が安くなっていくプランではありません。

 

ただし、料金が高め代わりに解約・プラン変更された場合でも、契約解除料はかかりません。

 

auひかりホームタイプ10ギガずっとギガ得プランギガ得プラン標準プラン
月額料金月額5,100月額5,200円月額6,300円
速度10Gbps10Gbps10Gbps

 

「auひかりホーム10ギガ ずっとギガ得プラン」とは?

3年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスを利用期間に応じて割引くお得な料金プランです。変更の手続きがない限り、本プラン加入月から3年単位で自動更新されます。

ずっとギガ得プランは超高速スタートプログラムがあり3年間(36ヵ月)500円/月割引になります。

お申し込み可能エリアは「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の一部エリアにしか限られています。まだ、利用が出来ない人でも今後は徐々にエリアが拡大していくと思われます。

 

月額料金はネットのみの場合初年度は5,880円からスタートして2年目で5,780円と安くなり3年以降は5,680円に3年連続で100円ずつ安くなっていきます。そして、1ギガプランとは違い4年目以降は6,180円と超高速スタートプログラムの3年間の割引が終了するため料金が元に戻ります。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり上記のように料金が安くなっていきます。

 

また、解約・プラン変更された場合、契約解除料15,000円がかかるため注意が必要です。ただし、引っ越しにより本プランが途中解約となる場合は、auひかりを継続してご利用いただける場合に限り、契約解除料はかかりません。

「auひかりホーム10ギガ ギガ得プラン」とは?

2年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスを利用期間に応じて割引くお得な料金プランです。変更の手続きがない限り、本プラン加入月から2年単位で自動更新されます。

お申し込み可能エリアは「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の一部エリアにしか限られています。まだ、利用が出来ない人でも今後は徐々にエリアが拡大していくと思われます。

 

月額料金はネットのみの場合初年度以降ずっと6,480の一定の料金で利用できます。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり上記のように一定の料金で安くなっています。

 

また、解約・プラン変更された場合、契約解除料15,000円がかかるため注意が必要です。ただし、引っ越しにより本プランが途中解約となる場合は、auひかりを継続してご利用いただける場合に限り、契約解除料はかかりません。

「auひかりホーム10ギガ 標準プラン」とは?

契約期間の発生しない料金プランです。

月額料金はネットのみの場合初年度以降ずっと7,580の一定の料金で利用できます。その他にもネット+電話やネット+電話+テレビやネット+テレビなどのプランがあり料金が安くなっていくプランではありません。

 

ただし、料金が高め代わりに解約・プラン変更された場合でも、契約解除料はかかりません。

auひかりマンションプランは7種類!

auひかりマンションタイプGタイプV都市機構デラックスタイプEタイプFギガミニギガ
16契約以上

月額料金

8契約以上

月額3,800円月額3,800円月額3,800円月額3,400円月額3,900円月額4,050円月額5,000円
月額4,100円月額4,100円月額3,700円
上り速度

速度

下り速度

166Mbps35Mbps35Mbps100Mbps100Mbps1Gbps1Gbps
664Mbps100Mbps100Mbps100Mbps100Mbps1Gbps1Gbps

 

新たに加わった「auひかりマンション タイプG」(G.fastタイプ)とは?

KDDIは、2018年11月1日より「auひかりマンション」の新たなメニューとして、「auひかりマンション タイプG」の提供を開始しました。このサービスは、電話回線にもちいるメタルケーブルを利用した新しい通信規格「G.fast」により、最大通信速度上り664Mbps、下り166Mbpsを実現しました。

 

また、VDSL方式で提供している「auひかりマンション タイプV」のマンションに対して、本サービス設備の導入が完了次第、順次提供を開始していきます。現在利用可能なエリアは首都圏で東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県と関西の大阪府、兵庫県の一部マンションです。対象マンションは今後拡大していく見通しとなっています。

 

このサービスを利用したい人や「auひかりマンション タイプV」ご利用中の人は、契約内容変更のお申し込みと宅内機器の交換だけで、簡単に高速インターネットを利用することが出来ます。

「auひかりマンション タイプV」(VDSLタイプ)とは?

auひかりはマンションタイプの中にVが付くタイプ(V8、V16等)のプランがあります。これはVDSL方式と言われるタイプの光回線で通信速度は下り最大100Mbpsとなっています。

 

建物共用部まで光ファイバーを引き込まれているマンションが対象にな建物共用部から各戸までは既設の電話線を活用して利用するサービスです。マンションに引き込んだ光ファイバーを棟内の複数のお客さまで共同利用することにより、月額料金を低く抑えることが出来ます。

「auひかりマンション 都市機構デラックス」(VDSLタイプ)とは?

UR都市機構の賃貸マンションに住む場合に申し込めるプランです。

こちらも建物共用部まで光ファイバーを引き込まれているマンションが対象にな建物共用部から各戸までは既設の電話線を活用して利用するサービスです。マンションに引き込んだ光ファイバーを棟内の複数のお客さまで共同利用することにより、月額料金を低く抑えることが出来ます。

「auひかりマンション タイプE」(イーサネットタイプ)とは?

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸までは棟内LAN(イーサネット)を活用して利用するサービスです。電話線に比べ、干渉が少ないため、安定した速度で利用できます。

「auひかりマンション タイプF」とは?

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込みます。建物共用部から各戸までは、マンションに設置された光配線を利用してインターネットに繋ぎます。マンション側に光ファイバーが敷設される必要があります。

「auひかりマンション タイプギガ」とは?

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込みます。建物共用部から各戸までは、マンションに設置された光配線を利用してインターネットに繋ぎます。マンション側に光ファイバーが敷設される必要があります。

「auひかりマンション タイプミニギガ」とは?

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸までは光ファイバーを活用して利用するサービスです。自宅まで直接光ファイバーを引いてインターネットに繋ぎます。

 

マンションの状況によってタイプが決まるので好きなタイプが選べるわけではありませんがこれだけ種類が用意されています。場合によってはマンションの管理者に相談すれば違うタイプを選択できるかもしれません。

auピタットプラン

auピタットプランは2017年7月14日からはじまったauのスマホの新プラン。

使ったデータにあわせて料金が変動するプランです。

 

「auピタットプラン(スーパーカケホ)」+「2年契約」+「auスマートバリュー」+「スマホ応援割」適用時の場合

通話スタイルで選べる3種類

auピタットプラン

(スーパーカケホ)

国内通話24時間カケ放題!(1回5分以内)
auピタットプラン

(カケホ)

国内通話24時間カケ放題!
auピタットプラン

(シンプル)

国内通話は話した分だけお支払い

3種類からの契約プランから選ぶことが出来ます。

auスマートバリューやスマホ応援割を利用してさらにお得に使うことが出来ます。

auひかり対応エリアの確認方法は?

自分の住んでいるエリアを確認したい場合は下のページの右側にあるエリア確認できます。

↓ ↓ ↓

まずはエリア確認

auひかりの速度制限について

対象サービス

「auひかり ホーム」
「auひかり マンション ギガ」
「auひかり マンションミニ ギガ」

 

上記のサービスで1日あたり30GB以上のデータを継続的にインターネットに送信しているお客さまを対象に、上りデータ通信の最大速度を一定水準に制限します。

 

主にアップロードなのでそこまで多い容量を送る人はそれほどいないと思います。なのでそれほど気にすることなく利用することが出来ます。

auスマートバリューでスマホとセットでお得に

 

auではauスマートバリューと言うセット割引があり最初の2年はお得に利用することが出来ます。

 

auピタットプラン(シンプル):1GBまで割引対象外
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
翌月から500円/月割引
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで翌月から1,000円/月割引
データ定額1

翌月から934円/月割引

(データ定額1は翌月から最大2年間934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引)

翌月から最大2年間1,410円/月割引

3年目以降ずっと934円/月割引

データ定額30翌月から最大2年間2,000円/月割引

3年目以降ずっと934円/月割引

 

※1

2022年3月末をもって、auの3G「CDMA 1X WIN」は終わります。本サービス終了までに継続して利用するには、4G LTE対応機種への機種変更が必要となります。ちなみこのサービスは現在は新規申し込みはできません。

 

auひかりを契約するとその世帯で使用している家族のauスマホは携帯から最大2,000円(最大2年間)から500円までの値引きが出来ます。また、プランによっても3年目以降に過ぎても934円の値引きが続きます。

 

auスマートバリューを利用する場合はWiFi利用料無料で利用できます。

基本的に光回線の標準で装備されているWiFi機能は基本的に有料です。ただ、スマートバリューを同時に適用している方に限り、月額500円のWiFi利用料が無料となります。このauスマートバリューが適用されている方に限り、WiFiが永年無料で利用できます。

auひかりのお得なキャシュバック

株式会社リンクライフが提供しているauひかりのキャシュバックを利用するには

 

キャッシュバック条件は

≪110,000円キャッシュバック≫
auひかり回線(ずっとギガ得プラン)+ひかり電話+弊社指定プロバイダ+弊社指定オプション+即日申込+auひかりスタートサポート+auひかりスタートサポート上乗せキャッシュバック

 

≪80,000円キャッシュバック≫
auひかり回線(お得プランA)+ひかり電話+弊社指定プロバイダ+弊社指定オプション+即日申込+auひかりスタートサポート+auひかりスタートサポート上乗せキャッシュバック

 

 

他社乗換えで違約金を最大30,000円還元のauひかりスタートサポート上乗せキャッシュバックがあります。

 

このキャッシュバックの条件は下記の通りです。

①ホームは「ネット+電話+電話オプションパックEX」
マンションは「ネット+電話+電話オプションパック」に新規ご加入。

②ホームの場合36ヶ月間以上、マンションの場合は24ヶ月間以上の継続利用をお約束
お約束の継続利用期間中に解約された場合は、ホームは10,000円、マンションは7,000円の解除料が発生します。

③ホームの場合「ずっとギガ得プラン」、マンションの場合「一括契約型」以外へのご加入

④auひかり開通後、所定の申請書にて申請をいただくこと。

 

他社インターネット回線の解約金をauひかりが保証してくれる形になるため実質無料で乗り換えることが出来ます。

 

その他にも月額割引が最大1か月無料でスタートすることが出来ます。

 

auひかりのプロバイダーについて

現在利用できるプロバイダーは7種類あります。

 

So-net、BIGLOBE、au one net、@nifty、@tcom、AsahiNet、DTIの中から選ぶことができます。

 

他の光回線サービスの場合は、光回線とプロバイダーがセットになっている場合が多いので、プロバイダを自由に選べません。しかし、auひかりの場合は上記のプロバイダーを選択出来るので、光回線を使いたいけど、プロバイダーは変えたくないという場合でも対応出来ます。

開通までの流れ

auひかりでは、お客さまのご自宅に直接光回線の引込みお客さま宅での工事が発生します。

 

大体1~2カ月でご利用可能になります。

 

工事の実施については、お客さまの立会いが必要となります。
また、賃貸住宅にお住まいのお客さまは、「auひかり ホーム」開通工事前に「建物所有者さま」の承諾が必要となります。KDDIからお客さま宛てに「工事可能日のご連絡(KDDI登録から約1~3週間)」のお電話を差し上げるまでに、お客さまご自身で事前に建物所有者に説明、すること必要があります。

 

お申し込み

まずは、料金を把握してお申し込みします。

 ↓

お申し込み受付

事前調査のため、お客さまにご連絡する場合があります。

 ↓

工事日を決める

電話にて連絡があります。

 ↓

「ご利用開始のご案内」と「宅内機器のお届け」

お客さまに「ご利用開始のご案内」と宅内に設置していただく機器が届きます。

 ↓

光回線工事

お客さま宅の最寄りの電柱から、お客さま宅内まで光ファイバーの引き込みを行い、お客さま宅に光コンセントを設置します。

 ↓

宅内機器の接続

お客さまご自身で機器を接続してください。

 

以上の作業で光回線を利用できるようになります。

auひかりの解約条件や解約違約金について

月額料金は2年や3年単位で自動更新される「自動更新プラン」が基本的に多くの人が利用するプランです。

 

契約プラン解約金
ずっとギガ得プラン(3年契約、更新)15,000円
ギガ得プラン(2年契約、更新)9,500円
標準プラン契約解除料はかかりません

 

上記のようにずっとギガ得プラン3年契約の場合1500円でギガ得プラン2年契約の場合9500円から解約金が発生します。

また、契約期間が発生しない契約プランで料金が高め代わりに解約・プラン変更された場合でも、契約解除料はかかりません。

 

そして、契約解除料を無料にする方法がありますので紹介していきます。

更新月に解約する

契約プランの更新月に解約すれば違約金を払わずに乗り換えることが出来ます。更新月は、契約満了月の次の月に設定されます。

ずっとギガ得プランの場合、3年毎の更新なので利用開始月から37ヵ月目の月内に解約すると違約金がかかりません。

ギガ得プランの場合、2年毎の更新なので利用開始月から25ヵ月目の月内に解約で違約金がかかりません。

他社でキャッシュバックを利用する

他社や代理店などのキャッシュバックを利用して解約金を無料押さえる方法です。

すぐにでも乗り換えた人は違約金や撤去工事費をキャッシュバックとして負担してくれる光回線に乗り換えるとかなりお得になるのでおすすめです。

引越し先でも現在使用中の光回線を利用する

現在利用している回線で問題ない場合はそのまま引越し先で継続して利用していく方法です。

この場合は解約金が発生しないので利用しやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事