アウトドアで大活躍!大容量ポータブル電源の「TogoPower」

TogoPower

TogoPower株式会社は、ポータブル電源メーカーです。

2019年にドイツの上場発電機企業UnitedPowerとパートナーシップを結び、ロサンゼルスで本社成立しました。

2020年には日本埼玉でポータブル電源支社を設けました。

2021年5月に日本で発売されました。

 

TogoPowerの理念は「いつでも、どこでも、電力を楽に使える!」

アウトドアや災害時の頼もしい味方として、ポータブル電源は新しい必要品の一品となります。

TogoPowerはバッテリーの安全性に優れるアウトドア電源を提供しています。

 

旅行やキャンピングカーでの生活、万が一の自然災害時など、TogoPowerのポータブル電源は、あらゆる電力不足に簡単に対応し、十分な電力を確保してくれます。


TogoPowerの特徴

高い安全性

過充電や過放電を防止するバッテリーマネジメントを搭載しています。

日本のPSE(電気用品安全法)やUN38.3(国連勧告輸送試験)の認証を取得していて安全性が高いです。

デザイン性や種類

独特なイエロー系やオレンジ系でデザイン性がいいです。

折り畳み式ハンドルで片手でも運べキャンプや車中泊にも電源を持ち運べるようにできます。

ACやDC、QC3.0 USB、PD、ワイヤレスチャージャーなど多用途出力対応で急速給電がどんな場所でも行えます。

現在、173Wh、231Wh、288Wh、346Wh、400Wh、461Wh、634Wh、933Wh、1512Wh の9タイプが用意されていて様々なニーズに応えてくれます。

防災安全協会推奨

TogoPowerポータブル電源のADVANCE350、ADVANCE650、BALDR PIONEER330、BALDR PIONEER500やソーラーパネルADVANCE100Wは、一般社団法人防災安全協会の定める防災製品など推奨品認証を取得されています。

推奨品認証の製品だから信頼性があり、安全性が高いのがわかります。

バッテリー容量の目安

日帰りなどにおすすめ容量は200Wh〜500Whが目安です。

キャンプや車中泊なら500〜1000Wh以上で3日から6日は持ちます。

防災目的なら1000Wh〜2000Wh以上で1週間から2週間は持ちます。

自分の使い方に合った容量を選んでください。

他にもソーラーパネルを使用すると使用時間が伸ばせる使い方もできます。

出力ポートの種類

ポータブル電源は種類によって出力ポートが変わってきます。

主に何を使用するのかを考えてから購入を検討してくだい。

また、出力ポートの他にも急速充電やワイヤレス充電などが付いたバッテリーもあります。

TogoPowerのポータブル電源

TogoPower ADVANCE240

231Whのポータブル電源です。

PD 60W/DC/急速充電QC3.0搭載 BMS安全管理 残量表示

本体サイズ、19.2cm×14.2cm×14.8cmと本体重量、2.76kgと非常にコンパクトです。

created by Rinker
¥33,799 (2022/08/15 12:55:24時点 楽天市場調べ-詳細)

TogoPower ADVANCE500

400whの大容量ポータブル電源です。

純正弦波AC出力は最大500wの機器に給電できます。

7つのデバイスに同時給電可能です。

本体サイズ、23cm×16.8cm×17.8cmと本体重量、5.19kgと非常にコンパクトです。

created by Rinker
¥69,800 (2022/08/15 12:55:24時点 楽天市場調べ-詳細)

TogoPower ADVANCE1000

1000Wの大容量ポータブル電源です。

アウトドア冷蔵庫、プロジェクターなどの電気製品を使うことができます。

内蔵のLEDライト2種は夜間の停電やキャンプで活躍し、SOS信号を出すこともできます。

本体サイズ、29cm×20cm×20cmと本体重量、8.6kgと非常にコンパクトです。

created by Rinker
¥139,800 (2022/08/15 12:55:24時点 楽天市場調べ-詳細)

最後に

ポータブル電源は、外で家電製品が使えるアウトドアだけではなく万が一の災害にも役立ちます。

種類も豊富で安全性も高いく安心して使用できます。

万が一の備えとしてポータブル電源を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 



おすすめの記事