太陽光発電の導入前に注意すべきことやどこの見積もりサイトがいいの?

太陽光発電の仕組みは?

太陽光発電では、ソーラーパネルが太陽の光に当たることで電気が発生します。

上記の現象を「光電効果」と呼ばれています。

物質は、原子核の周りを電子が回っているという構造をしています。

そこに光が当たると光のエネルギーで原子核と電子のつながりが切れて、電子が外に飛び出してきます。

 

光電効果はソーラーパネルでなくても起きますが、発生する電子の量はわずかで、電子は外に飛び出すとすぐに消えていきます。

さまざまな波長の光を利用して光電効果を起こさせて、できた電子を飛ばさずに電気として利用するために、太陽電池はシリコンなどの半導体で作られています。

こうした仕組みで電気として使うことができるようになります。

 

上記のように少し複雑ですが、簡単に言うと太陽光発電は、太陽の光エネルギーで発電することです。

また、太陽の光はたくさん使っても枯渇しないため、再生可能エネルギーの1つとされます。

太陽光発電の特徴

環境にいい再生可能エネルギー

たくさん使っても枯渇することなく繰り返し使うことが出来ることを「再生可能エネルギー」と言います。

太陽光発電システムは、太陽の光をエネルギー源としているためソーラーパネルが壊れるまで電気を作り続けることが出来ます。

石油や石炭のように限られた資源を使い尽くしてしまう心配がありません。

 

こうした化石燃料をたくさん使っているため環境に悪い影響を与えています。

そのため、太陽光発電のような枯渇しないエネルギーの重要性が高まっています。

ソーラーパネルの発電効率

発電効率とは、良い状態で太陽光を電気に変換できる割合です。

十分な太陽光が当たらなければ発電効率は落ちます。

設置の際には、陰になることが少なく、長時間日光が当たり続ける場所を選びます。

また、季節や建物のある場所によっても変わります。

 

太陽光をしっかりパネルに受ける設置の仕方ができるのであれば、

光を受けるのに有利である南向きのスペースがなかったとしても、

損はしない発電量を得るようになります。

住宅用太陽光発電

住宅用は、10kW未満の発電容量で、発電した電気を自家消費に使うことができます。

蓄電池は、万が一起きた災害や停電をあらかじめ貯めた電力や太陽光発電で作った電力を蓄電池に貯めて、必要な時に使うことができます。

太陽光発電と蓄電池があれば好きな時に利用できるようになります。

売電制度

売電制度FITとは、太陽光発電した電力を売電するときのルールを定めた、「固定価格買取制度」のことです。

太陽光や、風力、水力、地熱、バイオマスなど、再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が一定期間、国が定めた価格で買い取ることを義務付けました。

買取期間

  • 出力が10kW未満の住宅用太陽光発電は10年間
  • 出力が10kW以上の産業用太陽光発電は20年間

10kW以上の太陽光発電を余剰売電する場合も、買取期間は20年間です。

太陽光発電の出力の考え方は、ソーラーパネルの合計出力かパワーコンディショナーの出力のうち低い値です。

安い深夜電力と蓄電池で更にお得に!

日中は太陽光によって発電した電力を使い、夜間に電力会社から供給される割安な電力を使う方法があります。

うまくやれば節約に繋がり電気代が安くなります。

 

そして、更に蓄電池を使えば必要に応じて効率的に電力が使えるようになります。

太陽光発電と蓄電池、深夜電力の組み合わせが電気代を安くする最も最適な方法です。

太陽光発電見積もりサイト

太陽光マイスター

太陽光マイスターは、1万件以上の豊富な実績があり安心して任されます。

特徴としては実際の発電量が年間発電シミュレーション値を下回った場合に見舞金をお支払いする「住宅用発電シミュレーション補償」があります。

販売施工した太陽光発電設備の設置工事不備によってお客様に損害を発生させた場合に無償修理を10年間補償する「第三者バックアップ補償付き工事賠償補償」の保証制度も充実しています。


太陽光マイスター

ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズは、太陽光発電や蓄電池セットでのお見積りを丁寧にしてくれます。

選ばれる理由としてはソーラーパートナーズは自社施工の会社だけを紹介してくれます。

自社施工会社の料金の方が価格が安いから利用者からよく選ばれています。

少し手でも安く太陽光発電を利用したい人におすすめの見積もりサイトです。



ソーラーパートナーズ

グリエネ

グリエネとは、家庭用蓄電池や太陽光発電複数の優良販売会社を一括比較できる企業です。

各家庭にあわせて紹介する販売施工会社を選択してくれ、失敗しない製品を見つけてくれます。

また、導入に役立つ情報も豊富あり、利用しやすくなっています。



グリエネ

最後に

購入してからではどのように運用していけばいいかわからないままでは効率が悪く無駄にもつながります。

蓄電池と連携すると更にお得につながるので一緒に導入することをおすすめします。

これからどのように運用していくのかも事前に考えてみてください。

 

 

 

おすすめの記事