まちエネはEV(電気自動車)が更に使いやすくお得になる!

まちエネとは

「まちエネ」は三菱商事とLAWSONが出資母体のMCリテールエナジー株式会社が運営する新電力サービスです。

料金プランは、一般家庭向けの「きほんプラン」、

環境を考えた電力を使いたい人は「CO2フリープラン」、

世の中で支援を必要とする人に寄付したい人向けの「MUSUBIプラン」があります。

 

そして、今回一番注目してほしいプランとしてEV・PHEVを自宅で充電される人向けの「毎晩充電し放題!プラン」があります。

毎晩充電し放題!プランは、三菱自動車の協力のもと環境にやさしく、台風や地震など災害時にも活躍するEV・PHEVのプランです。

すでにEV・PHEVを持っている方には、夜1時から朝5時の間、EV・PHEV充電量を除く家庭での電気使用量相当分の負担のみで、EV・PHEVを充電できます。

毎晩充電し放題!CO2フリープラン

他にも「毎晩充電し放題!CO2フリープラン」は、EV補助金対応プランです。
料金に環境価値相当分を上乗せしてすることにより、EV購入費用として環境省の補助金が最大80万円貰えるプランになります。

EV・PHEVへの充電は、どれだけ充電してもよく。

ただし、EV・PHEVを保有されている方を対象としたプランになります。

提供エリアは、東京電力エリア、東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、四国電力エリア、中国エリアとなっています。

蓄電池との利用でさらに使いやすく

毎晩充電し放題!プランや毎晩充電し放題!CO2フリープランをもっと使いやすくお得に利用する方法として蓄電池と一緒に運用する方法です。

この方法を使えば使い方の幅が広がり今まで出来なかった使い方やライフスタイルの見直しで、さらにお得に利用することができます。

EV・PHEVの使う電気代を無料にできる

毎晩充電し放題!プランは、夜間の夜1時から朝5時の間、EV・PHEVの充電に使う電気量だけ使い放題になるプランです。

夜の時間帯はプランを利用してEVの充電でき、無料に電気代を抑えることができます。

そして、昼間は太陽光発電で貯めた電気でEVを充電すれば電気代がほぼ無料で利用することができます。

万が一の停電時に

万が一の停電時に、蓄電池があれば電力供給できるので、もしもの時にも安心して使うことができます。

また、太陽光発電と蓄電池があれば好きな時にいつでも利用できるようになります。

太陽光発電の電力を自家消費できる

効率的な方法としては太陽光発電で貯めた電力を使用する方法です。

太陽光発電と連携することで電気料金を安く抑えることが出来ます。

また、再生可能エネルギーのため環境に気にかけている人にはおすすめです。

まちエネの料金プラン

まちエネの料金プランを紹介していきます。

まちエネの料金プランは、5つあります。

  • きほんプラン
  • 毎晩充電し放題!プラン
  • 毎晩充電し放題!CO2フリープラン
  • CO2フリープラン
  • MUSUBIプラン

きほんプラン

一般家庭向けのお得なプランとなっています。

従量電灯B・Cに相当する、一般的な契約プランです。

基本料金は東京電力と同じです。

電気の使用量に応じて支払う従量料金の単価が安くなります。

ローソンの無料クーポンや映画券が何度でも購入できる特典がついてきます。

毎月の電気料金に応じてPontaポイントが貯まります。

毎晩充電し放題!プラン

一般家庭向けのお得なプランとなっています。

特にEV・PHEVを自宅で充電される人はお得になります。

午前1時~午前5時の間、EV・PHEV充電量を除く家庭での電気使用量相当分の負担のみで、EV・PHEVを充電出来ます。

基本料金・従量料金単価は、ともに東京電力と同じです。

毎晩充電し放題!CO2フリープラン

基本的には上記の毎晩充電し放題!プランと一緒です。

環境を考えてCO2排出量ゼロの電気を使いたい人に向いています。

非化石価値相当分の料金を上乗せして支払う必要があります。

基本料金・従量料金単価は、ともに東京電力と同じです。

環境省EV購入補助金に対応したプランとなっていて最大で80万円受け取れます。

CO2フリープラン

一般家庭向けのお得なプランとなっています。

環境を考えてCO2排出量ゼロの電気を使いたい人に向いています。

MUSUBIプラン

毎月かかる基本料金と従量料金の4.5%分から、MCリテールエナジーが提携NPO法人に寄付するプランです。

基本料金・従量料金単価は、ともに東京電力と同じです。

最後に

まちエネは、三菱商事とローソンが運営する電力サービスでローソンを良く利用する方におすすめです。

 

今後普及していくにつれてEV・PHEVの購入価格が下がればさらにお得が期待できる可能性は大きいです。

蓄電池との利用で、災害や停電などが起きた時に対応でき便利に利用できます。

新電力が広がるにつれて蓄電池の利用も増えていきます。

理由としては、新電力が増えるにつれて電力の使い方が見直され始めているからです。

効率的に電気を貯めておける蓄電池はさらに電気代が安くなったり暮らしがより便利になります。

 

\まちエネについては詳しくはこちらから👇/


おすすめの記事