関西地方のおすすめ新電力と料金プランはどこがいいの?

 

関西地方の方でおすすめできる新電力と料金プランを紹介します。

どのような電気料金プランを選んでも、電気の使用量の多い家庭であれば今より電気料金が安くなります。

 

新電力には基本料金が0円という画期的なプランがあります。

このようなプランに乗り換えた場合、電気の使用量の多い家庭ではアンペア数が高いため安く抑えることができます

 

他にも電気料金プランは複数存在します。安くなる可能性のある新電力のホームページで詳しく電気料金やプランについて調べてみるのも方法ですが、

電気料金の電力比較サイトを使用すれば、一度に複数の料金プランを比べることができるので便利です。

 

今回は、電力比較サイトで調べたおすすめの新電力ベスト3を3選紹介します。

試算結果はあくまでも目安であり、実際の節約額や平均支払額等を約束するものではありませんので参考程度で考えてください。

電力比較サイトと関西地方のおすすめ新電力

エネチェンジ

エネチェンジと言うサイトから紹介していきます。

エネチェンジは、テレビや新聞雑誌に多数掲載されている、国内最大級の「電気・ガス代の見直しサービス」です。

また、ENECHANGE株式会社が運営しています。主に電気・ガス代の比較サイトで83社の比較しています。

 

電力会社が行うキャンペーンに加えて独自に限定キャンペーンなども行っています。

そのため、電力比較サイト及び乗り換え手続きまでできる便利なサイトになっています。

エネチェンジがおすすめする新電力ベスト3はこちらです👇

1~2人暮らしにおすすめの新電力

Looopでんき「おうちプラン」

Looopでんきを販売するLooopは、太陽光発電システムの開発・販売・自社太陽光発電所の設置などを手がける新電力。東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動がきっかけで2011年4月に設立されました。再生可能エネルギーの普及を目指しており、電源構成の自然エネルギーからの調達比率が大きいことも特徴のひとつ。

Looopでんき「おうちプラン」は、基本料金が0円で、電力量料金も一律の単価設定がされています。

「使った分だけ電気代を支払えばいい」というシンプルでわかりやすい料金設定が一人暮らしの方からも人気を得ています。

引用:一人暮らしの平均的な電気代 夏・冬は電気代が上がる!?

 

出光昭和シェル「Sプラン」

ガソリンスタンドでおなじみの出光昭和シェルは、2003年から電力事業も行っており、大規模工場やオフィスビルへの電力供給実績があります。

一人暮らしの方におすすめのプランは「Sプラン」。旧一般電気事業者(※)の「従量電灯」プランから切り替えた場合、損をすることはなく、電気使用量が121kWh/月を超えた分は確実にお得になる単価設定がされています。

引用:一人暮らしの平均的な電気代 夏・冬は電気代が上がる!?

 

ミツウロコでんき「シングル応援プラン」

ミツウロコでんきを販売するミツウロコグリーンエネルギーの母体となるミツウロコグループは、90年以上の歴史をもつLPガス事業も手掛けるエネルギー企業。自社で風力発電所やソーラー発電所も所有しており、電源構成のFIT電気(再生可能エネルギー)比率が高いことも特徴のひとつ。

一人暮らしの方におすすめなプランは「シングル応援プラン」。旧一般電気事業者の「従量電灯」プランから切り替えた場合、北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・四国・中国エリアの方は損をすることはなく、電気使用量が121kWh/月を超えた分は確実にお得になる単価設定、九州エリアの方は切り替えで確実に今よりもお得になる単価設定がされています。

引用:一人暮らしの平均的な電気代 夏・冬は電気代が上がる!?

価格.com

様々な物やサービスの価格を比較している価格.comでその中の電力料金比較です。

数多くある電力会社の口コミが沢山あるので利用している人の声がわかり選びやすくなっています。

 

また、価格.com限定のキャンペーンも実施中で料金プランを見直して電気代を節約できます。

価格.comがおすすめする新電力ベスト3はこちらです👇

1~2人暮らしにおすすめの新電力

自然電力

自然電力は、自社グループの発電所を所有し、太陽光、風力、小水力等、日本各地の自然エネルギーの発電所から作られた電気を供給しています。「自然電力のでんき SE30」は、実質的に30%自然エネルギー由来の電気を利用できるプランです。なお、このプランは、市場連動型の料金体系を採用しています。

引用:価格.com - 東京電力エリアは電力自由化でどれくらい安くなる?

 

ダイレクトパワー

ダイレクトSは基本料金が0円。これまでにない新しい料金体系を採用することで、数ある新電力の中でもトップクラスの低価格を実現しています。市場価格と連動するため、価格変動に合わせて電気の使用を控えたり、蓄電池に蓄えるなど、賢く電気を「運用」して、電気代の削減が可能です。市場価格は常にマイページから確認ができ、価格が高騰したり下落するとき通知を受取ることができます。使用量が多いほどメリットが出やすいプランなので、電気をたくさん使うご家庭向けのプランです!

引用:価格.com - 東京電力エリアは電力自由化でどれくらい安くなる?

 

イーレックス・スパーク・マーケティング

『初期費用・契約解除料ゼロ!』月額基本料金と、電気の使用量に応じて電力量料金単価が変わる3段階の従量料金をくわえた料金プランです。契約期間の縛りもなく、契約時の事務手数料や途中解約による違約金もかかりませんので、お気軽にご利用いただけます。くわしくは料金表をご覧ください。

引用:価格.com - 東京電力エリアは電力自由化でどれくらい安くなる?

3人以上暮らしにおすすめの新電力

リミックスでんき

一般的なご家庭で、どんな使い方でも地域電力会社の従量電灯プランより5%安くなるプランです。

引用:価格.com - 東京電力エリアは電力自由化でどれくらい安くなる?

 

エルピオでんき

スタンダードプランSは、一般的なご家庭での電気使用量でもっともおトクになるプランです。お1人暮らしから、3世帯の大家族までのご家庭向けプランです。エルピオでんきはCMやポイント加算、豪華特典の配布を行わず、その分をシンプルに格安価格へ反映させました!エルピオでんきは分かりやすい電気料金でお客様にご提供いたします。

引用:価格.com - 東京電力エリアは電力自由化でどれくらい安くなる?

 

ジニーエナジー

みどりプランは電力市場の動向に合わせた変動レートプランです。電力量料金のレートは毎月変動します。世帯人数が多い、ペットを飼っている、自宅で仕事をしている等、電気を多く使用されるご家庭にとっては、基本料金、電力量料金ともに非常におトクなプランです。

引用:価格.com - 東京電力エリアは電力自由化でどれくらい安くなる?

新電力比較情報 [NPCプラン]

「電力会社比較サイト[NPCプラン]」は、電力自由化によって登場した一般家庭向けの電力会社を速く見つけるための便利なサービスです。

 

100社以上の電力会社の中から、より安い電気料金プランや条件にあった電力会社を、

一括比較で利用すれば、利用者の地域に対応する電力会社や、それぞれの電気料金プランを簡単に比較できます。

また、乗り換えの際にお得なキャンペーン情報も豊富にまとめられていました。

 

比較シュミレーションは、各地域ごとに申し込むことのできるのべ400社以上の電力会社の電気料金と、それぞれの差額を無料でスピーディーに比較できます。

また、違約金のない電力会社や販売実績上位の電力会社などの独自の選択項目で利用しやすい電力会社を選べるようになっています。

新電力比較情報 [NPCプラン]がおすすめする新電力ベスト3はこちらです👇

1~2人暮らしにおすすめの新電力

ENEOSでんき

ENEOSでんきは、旧JXホールディングスと旧東燃ゼネラル石油の統合によって誕生したJXTGホールディングスのグループ会社「JXTGエネルギー」の新電力サービスです。
ENEOSでんき(Vプラン)は30A未満の低アンペアでも契約でき、120kWh以下の電力量単価は東京電力EPのスタンダードSと変わらないものの、その他の単価は安く設定されていますので、電気の使用量が少ない月でも多い月でも、東京電力EPより電気代が高くなることはありません。
電気代をENEOSカード払いにすると、通常のカード割引特典に加えて、さらにガソリン・軽油や灯油が1円引きになります。

 

中部電力

東京電力管内向けのカテエネプランは、基本料金と電力量単価ともに東京電力EPのスタンダードSより安く設定されているため、電気の使用量が少ない月でも多い月でも、東京電力よりも電気代が高くなることはありません。
カテエネプランには新規加入で300ポイントがもらえるサービスや、月々の電気料金200円につき1ポイントの付与サービス、電気やガスの使用状況をチェックするだけでポイントがもらえるサービス(年間最大840ポイント)なども用意されています。

引用:電気代が今より安くなる!地域別おすすめ電力会社|『正確さNo.1』新電力比較情報NPCプラン

 

まちエネ

「まちエネ」は三菱商事とLAWSONが出資母体のMCリテールエナジー株式会社が運営する新電力サービスです。
まちエネは20Aから契約することができ、電力量単価はすべての領域で東京電力EPのスタンダードSよりも安く設定されているため、電気の使用量が少ない月でも多い月でも、東京電力EPより電気代が高くなることはありません。

引用:電気代が今より安くなる!地域別おすすめ電力会社|『正確さNo.1』新電力比較情報NPCプラン

3人以上暮らしにおすすめの新電力

エルピオでんき

エルピオでんきのスタンダードプランSおよびライト30Aは、基本料金+3段階の従量料金制のオーソドックスな契約メニューです。
40アンペア以上の契約メニューは、基本料金と電力量単価のどちらもすべて、東京電力EPのスタンダードSよりもかなり安く設定されており、電気代は電力使用量の多い月でも少ない月でも確実に安くなります。
ただし30アンペアでの契約メニューは、プランSではなくプラン・ライト30Aになり、120kWhまでの従量単価については東電EPよりも高くなるためご注意ください。

引用:電気代が今より安くなる!地域別おすすめ電力会社|『正確さNo.1』新電力比較情報NPCプラン

 

東京ガス

東京ガスの一般家庭向け電気契約には「ずっとも1」と「ずっとも1S」があり、どちらも基本料金は東京電力EPのスタンダードSと変わりませんが、3段階の従量単価は安く設定されています。
(「ずっとも1」の120kWhまでの単価のみ東京電力EPより高くなります)
電気のみの契約もできますが、都市ガスとセットで「ずっとも1」を契約すると、毎月の基本料金が275円割引き(年間で3,300円割引)になります。

引用:電気代が今より安くなる!地域別おすすめ電力会社|『正確さNo.1』新電力比較情報NPCプラン

 

ピタでん

”暮らしにピッタリ、賢く、お得なでんき”がコンセプトの「ピタでん」は、新電力大手企業F-Power直営の新電力サービスです。
料金メニューには『使った分だけプラン』と『使いたい放題プラン』があり、『使った分だけプラン』は契約アンペア数にかかわらず基本料金無料、電力量単価は一律25.71円/kWhのシンプルな従量課金制プランとなっています。

引用:電気代が今より安くなる!地域別おすすめ電力会社|『正確さNo.1』新電力比較情報NPCプラン

調べてみてわかったこと

3種類のサイト調べてみてどのおすすめも、サイトによってバラバラの結果になりました。

独自キャンペーンのあるサイトではギフト券の割引も含まれているため、料金自体が安くなっていないです。

 

シンプルに安い料金プランにしたい場合はキャンペーン割引を引いて計算してください。

 

今回は、3つの電力料金サイトを紹介しましたかが必ず最新情報が載ってるとは限りません。

一つのサイトの診断結果を鵜呑みにせずに、必ず複数のサイトを比べることをおすすめします。

 

 

【暮らしの節約】見直しポイント3つ紹介します。

 

平均電気代っていくらなの?調べてみました。

 

おすすめの記事