auでんきは実際に安くなるの?口コミ・評判などからまとめました。

auと聞いたらスマホなどの大手キャリアを思い浮かぶとかもしれませんが、

auには「auでんき」と言う電力会社もあります。

今回は、「auでんき」について調べました。

 

auでんきとは

auのスマホを利用していれば申し込みが可能です。

 

電気料金プランは「でんきMプラン」「でんきLプラン」で、

電気代に応じてau WALLETポイントが付与される「auポイントで割引」があります。

「auでんきアプリ」で電気使用量の確認や電気料金を見ることができます。

 

電気料金プランには、一般的な家庭向けの「でんきMプラン」と、

主に商店・事務所・飲食店向けの「でんきLプラン」の2種類があります。

auでんきの料金プラン

でんきMプラン

auのスマホとセット契約にすることで月々の利用料金に応じて電気代の1〜5%分のau WALLETポイントが貰えるプランです。

主にそこまで電力を使わない、一般的な家庭向けのプランです。

でんきLプラン

こちらもauのスマホとセット契約にすることで月々の利用料金に応じて電気代の1〜5%分のau WALLETポイントが貰えるプランです。

主に商店や事務所、飲食店などはこのプランをお得に利用できます。

 

料金プランの切り替えは電気料金を安くすることですが、auでんきの料金プランは東京電力とほとんど変わりません。

スマホやネット回線のセット割などを活用して料金を安くするなどの工夫が必要になっていきます。

auでんきの口コミと評判

 

実際に利用している人は安くなったと実感したみたいですね。

 

auでんきに切り替えて毎日電気使用量が見ることができて便利という口コミですね。

電気代の予想なども確認出来て便利みたいです。

ただし、auでんきだけじゃなく、ほとんどの新電力で使用量は確認することができます。

 

 

アプリの請求額と請求明細が違っているようです。

請求明細がわかりづらいということですね。

 

実際に確認したわけではないですが考えられるとすれば

スマートメーターの誤作動で使用量が変化して料金にそのまま反映された可能性も考えられます。

 

auでんきに切り替える前は比較シミュレーションをして確認してから契約してください。

他のサイトの口コミも紹介していきます。

 

auユーザーにとっては、auと連動しているので便利だと思います。
特にauでんきというアプリが非常に優秀で、詳細な電気料金を調べる事が出来ます。

1カ月前の電気代と比較したり、現状の使用量から月末の請求金額予測など詳細なデータを確認したい人にはお勧めです。

auの電話料金の請求電気代の請求を纏めて行う事ができるので

請求書が何枚もある方にとっては纏められるので非常に便利だと思います。

 

1000円に1回ガチャを行う事が出来で、auWALATTEの割引クーポンや、auポイントを貰う事が出来るのでお得です。

月の消費金額に応じてauポイントが還元されるので、数カ月ポイントをためて、auWALATTEで無料で買い物をするなどもできます。auユーザーには非常にお勧めできる電力会社だと思います。

引用:auでんき(KDDI)口コミ・評判 | 実際に使ってみた感想と本音。

 

auでんきだとauの携帯を使っている人には便利だなぁと思いました。
支払いも携帯料金とまとめて支払えるから、支払い忘れが少なくなりますし、auのポイントも貯まります。

1ポイント1円で使えますし、電気代を支払ってポイントが貯まるのは結構おトクに感じちゃいます。
機種変更したいときにもそのポイントを充てることもできるため、機種変更のときの負担も少ないかなと思いました。

また機種変更以外でも貯まったポイントは使えるので、普通に電力会社に電気代を支払うよりもメリットは大きいなぁと思います。
申し込みの時も複雑な手続きがいるわけでもなく工事が必要なわけでもないので、簡単に変えることができるというのも良かったです。

引用:auでんき(KDDI)口コミ・評判 | 実際に使ってみた感想と本音。

 

auでんきだとauのスマホを使っている人には便利だと思います。

支払いもスマホ代と電気代をまとめて支払えるため、支払い忘れが少なくなりますし、

auのポイントも貯まりるから多くの人の利用しやすい口コミがありました。

 

その他には申し込みから開通までが簡単で早く、面倒な手続きや連絡を重ねる必要がないのが、

開始するまではとにかくありがたい意見もありました。

 

こちらの記事もどうぞ

【2020年】お得になる現在開催中の電力キャンペーン情報

新電力おすすめ総合ランキングBEST5

光回線選ぶなら!auひかりの特徴や料金、キャシュバック情報をまとめてみました。

 

おすすめの記事